イミキモドクリーム 通販

イミキモドクリームを購入できる通販

 

イミキモドクリーム5%(IMIQUID CREAM 5%)は
尖圭コンジローマ・日光角化症のいぼを治す塗り薬です。
イミキモドクリームの通販なら、送料無料で
正規品保証のあるベストケンコーがおすすめです。
   ↓↓

 

 

※日本では持田製薬からベセルナクリームの名前で、海外ではアルダラクリームの名前で販売されています。
イミキモドクリームは、それらのジェネリック医薬品という
位置付けです。成分と効果は同じです。


イミキモドクリームは薬局では販売していません

 

イミキモドクリーム(別称ベセルナクリーム)は、
残念ながら、薬局では売っていません。
市販では買えない薬だからです。

 

入手するには、病院に行って
医者に処方箋を書いてもらう必要があります。
(保険適用できます。)

 

 

正直、性病の治療を病院で受けることには抵抗がありますよね!?

 

できれば、誰にもバレずに、こっそり治したいところです。

イミキモドクリームをネット通販で買うなら・・

 

誰にも知られることなくイミキモドクリームを入手したいなら、ネット通販を利用するのがおすすめです。

 

病院で行くと、薬代のほかに診察代も取られます。
通販だと、処方箋はいらないですし、
ジェネリック医薬品もあるので、コストをおさえられます。

 

イミキモドクリームの薬価は、1袋1,136円と結構なお値段ですが、ジェネリック版であれば、半額の531円です。

 

通常版であってもジェネリック版であっても、
成分・安全性は全く変わらないので、
どうせなら価格が安いジェネリック版がいいです。

 

 

イミキモドクリームは楽天やAmazonでは販売していません

 

ただし、販売店は限られています。

 

(ジェネリック版を含む)イミキモドクリームを販売しているのは、
一部の個人輸入代行ショップのみであり、
楽天Amazonなどの大手通販サイトでは取扱いしていません。

 

マイナーな商品であることに加え、
海外から輸入するのに手間がかかるからです。

 

 

イミキモドクリームの最安値通販

 

イミキモドクリーム・ジェネリックを販売している通販ショップは、
3店ありますが、1袋あたりの価格が最も安かったのが
「ベストケンコー」でした。(送料無料)

 

ベストケンコーの場合、まとめて買うと割引価格で購入できます。
コンジローマは再発しやすい病気なので、
予備にストックしておくのもいいと思います。

 

私もここで買ったことがありますが、
発送が比較的早く、またプライバシーへの配慮がしっかりしていましたよ。

 

ベストケンコーのイミキモドクリーム通販はこちら
     ↓↓

 

 

 

 

 


イミキモドクリームの口コミ

 

30歳。人間関係や仕事のストレスが酷くて、憂さ晴らしに6カ月ほど土日メインで
風俗店で遊びまくっていたところ、ほくろみたいな感じのイボがペニスの竿のところに
できてしまいました。初めはフォアダイスだと考えていましたが、
7日くらいかけてだんだん大きくなり、15日くらいでゴマ粒のようなイボが
発生してしまいました。慌ててネットで情報収集したところ、コンジローマだと分かりました。

 

まずは、普段から色々薬を買っているベストケンコーで、
コンジローマに良さそうな薬を探してみたところ、ジェネリックのアルダラクリーム
というものを発見しました。病院に行くことも覚悟していましたが、
三十路で医者にペニスを見られるのもイヤですし、とりあえず
アルダラクリームを買って、ダメだったら病院のお世話になることに決めました。

 

はじめの15日くらいは全然効かなかったので、やっぱり医者に下半身を晒すしかないのか
と思いました。しかし、20日目辺りから徐々に改善されてきて、30〜40日目には、
感触・見た目が普通になり、違和感がほぼ消えました。
使い方を厳守してコツコツ頑張ってみて正解でした。あとは再発しなければ万々歳です。

 

「歳も取ったしイボくらいできる」と考えてしばらく放っておいたのですが、
徐々に痛くなり大きくもなってきたので、インターネットで確認し、コンジロームだと判断しました。

 

通販で薬を買えるので、最初ですし様子見で1箱買いました。
3回分使って、今は経過を見守っている感じですが、
イボが徐々に小さくなってきています。
でも再発しそうなので、さらに3箱買い足しました。
医者に行くしかないと思ってかなり気落ちしていたので、
ネット通販の薬でケアできるのは助かります。

 

単なるできものだと思い最初は油断していましたが、
よく確認してみたらどうやらコンジローマのようでした。
病院で見てもらうのも恥ずかしいので、何とかならないかとネットで情報を漁っていたら、
ベセルナクリームでどうにかなりそうだと分かりました。

 

効果があるのか?個人輸入だし届かなかったらどうしよう?とハラハラしていましたが、
1週間前後でちゃんと到着しました。まだ10日くらいしか使っていないので
劇的に変化しているわけではありませんが、わずかに小さくなってきています。
1箱しか購入しませんでしたが、完治させるには不足しそうですから、
もう3箱買う予定です。

イミキモドクリーム以外のコンジローマ治療法

 

コンジローマの治療はイミキモドクリームを塗るのが最も一般的です。
しかし、他にも治療法はあります。

 

ヨクイニン

 

ヨクイニンはハトムギの種のエキスをつかった薬になります。
イボを消す効果があるとされます。
(塗り薬ではなく飲み薬です。)

 

コンジローマのイボにも効果があるといわれていますが、
直接的にウイルスを退治する効果はありません。
あくまで間接的な効果しか期待できません。

 

イミキモドクリームと比べたら、効果は低いと思ってください。

 

 

手術

 

イミキモドクリームだけでは治らない場合、
あるいは時間がたって症状が重症化した場合は、
手術をおこないます。

 

手術といっても様々な方法があります。

 

凍結療法

 

液体窒素を綿棒に浸して、患部に押し当てて凍結させます。
凍結によってウイルスを消滅させることができます
ただし、1回の治療では完治しないこともあり、
何回かおこなう場合もあります。

 

電気焼灼

 

さきほどの”凍らせる”のに対して、こちらは”焼く”手術です。
電気メスを使ってイボを焼きます。
(傷跡は残りづらいとされています。)
ただし、大きくなってしまったイボには適用されません。
あくまで小〜中くらいのイボにのみ有効です。

 

※ちなみに、凍結療法や電気焼灼は痛みがともなう可能性もあります。
また、手術をミスすれば、かえってウイルスが広がってしまう
恐れもあります。

 

レーザー蒸散

 

電気焼灼とほとんど同じ方法です。
電気メスの代わりに炭酸ガスレーザーを使ってイボを焼きます。
こちらも大きいイボには効きません。

 

外科的切除

 

その名の通り、イボを切除する手術です。
(麻酔を使います。)
小さいイボだけでなく、大きくなってしまったイボにも
適用されます。

 

手術はあくまで最終手段

 

イボを早く取り除きたい気持ちはわかりますが、
あくまで手術は最終手段だと思ってください。

 

医師も、よほど重症化していない限りは、
手術をすすめないはずです。

 

 

やはりコンジローマ治療の基本はイミキモドクリームを塗ることです。

 

完治まで時間がかかったり、再発することもあるので、
クリームを多めにストックして治療にのぞみましょう。