イミキモドクリームの副作用 | かゆみ、ただれ、痛み

イミキモドクリームの副作用

 

イミキモドクリーム(ベセルナクリーム)の副作用は
多岐にわたります。

 

臨床試験によれば、起こりやすい副作用は、
以下の順番の通りです。

  1. 紅班
  2. びらん
  3. 表皮剥離
  4. 浮腫などの皮膚障害

(紅班とは、赤くなること。びらんとは、ただれのことです。
表皮剥離とは皮膚の表皮がはがれている状態のことです。)

 

実験データはこのような結果ですが、
使用者の口コミを調べてみると、最も発症が多いのが、
かゆみ・ただれ・痛みであることがわかりました。
紅班や表皮剥離の症状は、あまり見当たりませんでした。

 

1つ口コミを紹介します。

 

イミキモドクリームの副作用についての口コミ

 

1日おきに塗布することで何とか治療できました。

副作用で粘膜がただれてしまい、非常にきつい思いをしましたが
結果として治ったことが大変重要です。
くれぐれも連続使用や洗浄忘れがないようにしましょう。

 

この方の場合は「ただれ」です。
他にも「かゆみ」「痛み」といった症状を訴える人もいました。

 

 

イミキモドは強い殺菌効果があるため、
皮膚に炎症を引き起こします。

 

その結果、患部がかゆくなったり、
赤くただれたり、時には痛くなったりします。

 

 

副作用を軽減するためにできることは、
用法用量をきちんと守ることしかありません。

 

クリームをつけすぎたり、洗い忘れがあると、
副作用が強くなります。

 

使い方には気をつけてください。

 

>>イミキモドクリームの塗り方・用法